こんんちは!子育て中の助産師アダチホです!

乳児の保湿が大事ということ、詳しく勉強してみたので書いておきたいと思います!

広告

 

保湿が大事!

子どもの食物アレルギーは年々増加

食物アレルギーは15年くらいの間で急増しているようです!

そして、子供から大人まで3人に一人は何らかのアレルギーを持っているらしい(;´Д`)

食物アレルギーとは、アレルギーの原因となる食物を食べたことで、じん麻疹や湿疹、息苦しいなどの症状が起こることです。免疫反応の一つで、体にとっての異物を排出するためのメカニズムとも言われています。

食物アレルギー・・・最悪アナフィラキシーショックによって亡くなってしまうこともあります。

 

のどがかゆくなる、息苦しいというのは、危険!のどが腫れてしまい呼吸が苦しくなってしまうのです( ノД`)シクシク…

食物アレルギーに関わらず、アレルギーにならないに越したことはない!!!

 

 

アレルギーを防ぐかもしれない保湿ケア!!

皮膚の乾燥といえば、アトピーを思い浮かべますよね(/・ω・)/

私もそう思っていました。

乳児のアレルギーの発症を防ぐのに保湿が有効だとか!

それもアトピーとか皮膚に関連するアレルギー症状だけでなく、「食物アレルギー」も防いでくれる可能性がある。

食物アレルギーを持つ子供たちも増えていますからね(´;ω;`)

それを防げる可能性があるというなら是非とも防ぎたいと思いますよね★

 

 

なぜ、保湿することでアレルギーが防げるのか

皮膚をしっかり保湿して、湿疹が起きないようにすることで、皮膚のバリア機能が強くなる。

きれいな皮膚にアレルギーの原因となるものが触れても、バリア機能がしっかりしてることで「いらない物~」と跳ね返すことができますが、これが荒れている皮膚だと・・・

湿疹があるところにアレルギー物質が触れ続けると、跳ね返すことができないので、場合によっては数日間でアレルギー症状を引き起こすことがあるんですって!!(大人も同様(;’∀’)!)

よって、乾燥して荒れることがないように保湿をして、皮膚をきれいに保っていることが重要!

!(^^)!なるほど。

 

 

アレルギー発症のきっかけとなるIgEを増やさないためにも皮膚の保湿を

体には、最初に入ってきたものに対して免疫を獲得するシステムがあります。この免疫反応でIgEといアレルギー発症のきっかけとなる抗体が作られ、アレルギーとなってしまう(´;ω;`)ウゥゥ

きれいな皮膚はバリア機能があるので、IgEを作る反応を起こりにくいのですが、荒れている皮膚だと起こりやすいとのこと。

 

このIgEが体の中で増えて行ってしまうことで、様々なアレルギー疾患の発症につながってしまうのです(;’∀’)

それに、口から入るアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)より、皮膚から入るアレルゲンのほうが食物アレルギーを起こすリスクが高いらしい(;´Д`)

 

皮膚からアレルゲンが入らないように、きれいな皮膚を保っておくことが、アレルギーの発症を防ぐ第一歩ということですね♬

乾燥すると、肌がカサカサして荒れやすいのでまずは保湿を!!

私はアレルギー性鼻炎を持っているので、アレルギーは本当に大変(´;ω;`)

花粉症の夫も時期になると本当にしんどそう(;’∀’)

 

ならないことを願って、娘の保湿を続けていきたいと思います!!

お風呂上りにすぐ保湿するのが、皮膚に保湿剤が浸透しやすくていいですよ~!!

色々な保湿剤がありますが、お子様にあるものを探してみてはいかがでしょうか~!

 

ファムズベビーは母子手帳交付の際に渡される案内にも紹介されている保湿ケア商品です!

泡で出てきて、つけやすい!べたべたせずにさらさらとして付けた後でも快適です(*´▽`*)