こんにちは!子育て中の助産師アダチホです★

子育て支援センターでママさんたちとお話ししている中、出産の話になりました(*´▽`*)

「破水から始まって、促進剤使って3日かかったよ~」なんて言っていました!

広告

誘発分娩

誘発分娩とは

予定日が超えての誘発分娩破水してしまったけど陣痛が来なくて誘発分娩など、誘発分娩するには色々な理由があると思いますが、誘発分娩と聞くとドキドキしてしまいますよね(;’∀’)

誘発分娩とは、陣痛促進剤を使って人工的に陣痛をつけて出産するという方法です。

陣痛が弱くてなかなか出産に至らない場合「陣痛強化」とも言われます。

誘発分娩には、飲み薬・点滴、子宮口にバルーンを入れる方法などがあります。

 

 

誘発分娩でもすぐに生まれるわけではない

陣痛促進剤を利用しても、すぐ陣痛が来て出産できるというわけではありません(すぐ効いて出産となる方もいますが(;´・ω・))。

特に初めての出産で誘発分となる場合は、入院して本格的に促進剤を使用するぞ!という日には生まれないことが多いです。

 

促進剤を使って陣痛が来ていても、子宮口が開いてこなければ「有効な陣痛」とはならず、出産には至りません(;´・ω・)

 

モニター上はお腹の張りが来ているのに、「意外と痛くないです~」と言ってご飯をもりもり食べたり、トイレにすたすた~と行けちゃう人もいます。

 

逆に、結構痛い・痛そうにしているのに、子宮口がなかなか開いてこないという方もいます(;´Д`)

(なんて切ないんだ(;´・ω・))

決まった時間に点滴をあげていくのですが、上限に達しても生まれなかったら、夜は促進剤を使用せず休んでもらって、翌日もう一回出産目指してトライするというこうとになるかと思います。

 

 

翌日再チャレンジ!という場合の夜の過ごし方

促進剤を止めても、薬が体の中に残っているので、なんとな~く陣痛のようなものが来ている場合が多いです。

それが長く続く人もいますし、寝るころにはすっかりなくなる人、促進剤をきっかけに自然な陣痛が来て夜中に生れる人、様々なパターンがあります。

 

促進剤を使っている時よりも痛みがおさまってきているなら、休むことをおススメします!!!!!

 

痛みが軽くなってきているなら、夜中に自然な陣痛がやってこない限り生まれないので、翌日またやってくる促進剤の時間まで、ゆっくり寝ることをおススメします!

 

 

そしてご飯を食べること。面会者は帰る!!これにつきますw

私が勤めていた病院は、陣痛が来ている方は24時間面会の出入りが可能だったのですが、付き添いの方が横になれる環境ではありませんでした。

 

椅子に座っていることがほとんど。

正直、産婦さんも気をつかって休めないし、付き添いの方も休めません。

 

翌日促進剤を使用しているときに、エネルギー不足になってしまうのは本末転倒です(;’∀’)!!

 

しかも、翌日に必ず生まれるとも限りません(;’∀’)誘発分娩3日目に突入する可能性もあるのです( ノД`)シクシク…

 

誘発分娩中、体力を消耗するので、日を追うごとに体力がなくなっていってしまいます(;’∀’)

 

寝れそうな夜は寝ておきましょう!!

「痛そうなので付き添っていたいんです」「心配だからそばにいてほしい」

いろいろあると思いますが、もし夜中に陣痛が始まったとして、そこから呼んでも十分間に合う距離にいる場合は、帰ってもらうことがベストだと思います。

 

スタッフから「帰ってください」って言いにくいんですよね(;’∀’)お互い心配な気持ちはありますから・・・。

でも、お互いゆっくり休んで翌日に備えることが一番いいと思います。

陣痛アプリもしないで寝る!!!

 

夜中に陣痛が来るかもしれないと、気をはって寝れないという方もいます。

痛くなくても、環境が変わってなかなか寝付けないという人もいます。

 

「意識がおなかに集中しているから気づいた」ような痛み、気にしなければ寝れそうという場合は、目を閉じましょうw

 

妊婦さんでも飲める眠剤を出してくれる病院もあります。

もちろん、寝れそうなのに「ちょっと痛いかも」と陣痛アプリを起動させて貴重な睡眠時間を削ってしまうのはもったいないですよ!!!!

陣痛アプリは閉じて、ゆっくり寝ましょう!!

(寝ましょうって書きすぎw)

食べて寝る!!それが一番です!!リラックスして翌日に備えましょう!!