こんにちは!子育て中の助産師アダチホです!

GW前後から頑張っていた保活!

今月いよいよ申請です。

広告

見学するまでの事前準備

役所のホームページを参考に、自宅近く・最寄駅近くの保育園をピックアップし、グーグルマップのマイマップにひたすら登録しました。

私の場合、まだ職場が決まっていないので、公共交通機関を使って職場に通うことも考えて、保育園までの距離、保育園から駅までの距離など、何回もシュミレーションをして「ここなら通えるだろう!」というところを書きだしました。

そして、次から次へと電話。

見学に行ったところは計8か所

私、電話が苦手なんですよね(;’∀’)wこのやり取り本当に苦痛だったw

いついつの何時と約束を取り付けて、実際に見学。

小さい園だと5分で終了することも(;´・ω・)

優先順位を決めて、希望の園を書く

沢山行った保育園の中から、特に0歳児に空きがある園の優先順位を高くして、申請書に記入!

そんなのが書く欄なんてないのに、「看護師と助産師の免許あり」とか書いたりw

今週、役所に行って申請所を提出していきたいと思います!

保育園の見学をしての感想

やっぱり、園によって本当に特色が違う!!

広さももちろん、教育方針的なものも。

預かってもらいたいのは根柢のありますけど、これじゃ悩んじゃうw

そして、見学に行ったときに、かなりの確率で聞かれる「いつ復帰するんですか?」という言葉。

育児休業中の方が復帰後に使うことが多いのはもちろんわかっていますが、「求職中」ということに負い目を感じでしまう自分w

「どうせ私は、まだ無職ですよー(*´з`)」と、ひねくれるw

一般庶民が思う理想論

やっぱり一番に思うのは、小学校みたいに「みんな通う」みたいになればいいのに、という理想w

男も女も働くのが当たり前になってきているこの時代。

小学生や中学生のように「私立に行かせたい」という人はそのように行動しているように、

基本はおうちの近くの保育園、おうちで一緒に過ごしたい人は過ごす、教育方針的に幼稚園に通わせたいという人は通わせる、みたいになればいいのにw

小学校の空き教室を活用するとか、できないのかしら?w私の地元は空き教室だらけだったけどw

文部省と厚生省の違いとか、ほんと働く親からすればどうでもいいw

そうすれば、比較的家の近くで預けることができるのに。

「出産しても必ず預けられる環境がある」という安心感があれば、一度やめていても、再就職する人も増えるだろうし、「保活がつらかったから」という理由で出産するのはもういいやと思う人も減るんじゃないかな?

正直、自分でピックアップして、電話して、見学に行って、書類を書いて提出して、それでも入所できる保証はなくて。すんごいストレスww

子どもを産んだら、こんなに働くことが(働きだそうとすることが)ストレスになるなんて思っていなかったw

書類もわかりにくいしww

「預けることがめずらしい」んじゃなくて、「預けることが当たり前」というようになっていかないと、女性の社会進出なんておろか、少子化は進んでいく一方だよねー。

「仕事も子育ても」というのが正直しんどい(;´・ω・)独身時代と子育て世代の働き方はどうしても変わってきてしまうのに、それがあまり認められない雰囲気(;’∀’)

そして、「仕事を頑張りたい時期」と「妊娠・出産・育児の時期」が被る。

それは仕方がないことだし、誰でもわかること。

仕事頑張りたいから、保活が大変だったから、一人っ子でいいやとか思っている人沢山いると思う。

一度やめてしまったら、子供が大きくなるまで働きには行けないかもしれない と思ってしまうのが現実。

結局愚痴のようになってしまったw

「求職中」は最低ランクなので、もっと保育園が必要な人が申請したら、どんどん追い抜かされていくので、入所できないだろうなとは思っていますが、とりあえず申請してみます!!

就職活動も着々と!

そしてハローワークに加え、求人情報をネットでみています!

色々な会社のものが見れて、沢山求人が見れるナースエージェント おススメです!!