こんにちは!子育て中の助産師アダチホです★

生後3か月くらいの時に気になってしかなかった体重の話を書きたいと思います(*^▽^*)

本当に赤ちゃんの成長には個人差があるんだと実感しました(;’∀’)

広告

生後3か月頃、出生体重の約2倍の体重になる??

看護学生の時、小児の授業もあるので、赤ちゃんから児童までの成長過程的なものを習うんですよね(*^▽^*)

体重がどうとか、4か月まで首がすわる子が多いとか、どれくらいになったら喋るとか・・・

助産師は新生児(生後28日まで)のことは、それはもう、とってもとっても勉強するんですけど、それ以降の月齢の知識は看護学校の時に習ったことを思い出していました(/・ω・)/

そこで、とても覚えていたのが「生後3か月で出生体重の約2倍の体重になる」ということ。

国家試験にも出るレベルなので、頭に焼き付いていたんですよねw

まぁ、あくまでも「目安」だとわかっていても、気になって仕方ないw

一般的に3000gで生まれたとしたら、生後3か月だと6㎏くらいになっているというイメージ。

娘は3380gで生まれたので、3か月の時は6㎏は余裕で超えていることをイメージしていました。

発育曲線には入っているし、発達も問題ないけど、体重が気になるw

母子手帳に発育曲線の表が載っていますよね★

発育曲線

これは、体重や身長の値を書いていくと、100人いたら94人の子たちが、男の子だと水色の枠、女の子だとピンクの枠の中の入っているという表です。

94%の人が枠の中に納まって成長しているということですから、枠の中にいれば「平均的」みたいな。

下の方に「首がすわる」とか運動発達の項目も書いているので、つけていない人がいたら見てみるといかもしれません(*^▽^*)

3か月には6㎏くらいになっていればいいのか!と思っていたので、

体重が気になって、近所のショッピングモールの体重計で娘の体重をチェックしたりw

ちょうど混合栄養にしたころだったので、思ったほど増えていないと思ったら、ミルクを増やして、目標体重に少しでも寄せることができないかと考えていましたw

発育曲線の枠にも入っているし、首の座りとかも問題ないのに・・・w

実際の体重はどうなったか

結果、3380gで生まれた娘は、4か月健診の時(生後4か月過ぎに実施)に6200gになっていました。

2倍とまではいかないものの、6㎏を超えていたのでまぁ良しw

でも、3か月で2倍にはやっぱりなりませんでした(;’∀’)w

なる子ももちろんいるんだろうけど、ならない子もいるはず!でもならないと(小さいと)心配になる(;’∀’)

今改めて思うこと

今思えば、すごいとらわれていたなと感じますw

冬で寒かったので同じくらいの月齢の子と会う機会もなく・・・

最近支援センターで色々なママにあって思いました!本当に個人差が大きい!

娘よりも2か月お姉さんでも、娘の体重よりなかったりする。

娘と同じくらいに生れた子で、娘より大きく生まれていても、今は娘の方が大きいとか・・・

個人差が大きいけど、とっても気になるデリケートな体重問題!!w

目安を知っているからこそ、気になって体重の「数字」にとらわれていた気がします。

全く増えていないとか、飲まないとかだと心配だけど、発育曲線も問題ないし、運動発達も問題ないのに、あの時の自分は本当に体重の数値が気になっていたw

助産師で看護師でもある新米ママの心配ごとはまだまだ続きそうですw