こんにちは!子育て中の助産師アダチホです★

以前、保育園に通い始めてパパさん送迎が沢山いる!!共働き夫婦の家事・育児。そして男女の違いから夫婦関係を良好に保つために私が思ったこと。

という記事を書きました。

我が家でも送迎のことを話したときに、明らかに認識の違いがあるな~と実感したので書いておきたいと思います!!

広告

 

共働きの家事育児

なんだかんだ妻が家事育児を担う役割

本当に、まさしくこれだと思います。もちろん、行きはパパ・帰りはママ(もちろんその逆も)などきちんと分担している人もいると思います。

ほぼママが送迎するという人もいると思います。

 

共働きをいえども、ママが送迎を担当するというイメージを持っているパパさんが多いと思うんです!!!w

(私の独断と偏見ですけどね)

結局は働いてほしい気持ちはあるけど、自分に家事育児がそこまで降りかかってこない程度に働いてほしい・・・って思っているんだきっと!!!

(私の独断と偏見ですよ)

 

 

2人ともフルタイムであれば平等だと思う

私は、2人ともフルタイムで働いていれば平等だと思うんです。

できる人ができることをやればいいと思うし、普段の生活が快適になるようにできることを増やして自らやっていくべきだと思います。

給料の差はあるかもしれませんが、フルタイムで働いていることには変わりありませんから、男だからとか、女だからとか正直関係ありません。

 

 

育児のレベル、「親である」認識には断然差がある

おっぱいを卒業していれば、育児にも男と女は関係ありません!

ミルクや離乳食をあげることは男でも女でもできることです。

しかし、妊娠していない男の「父親」の意識は「母親」の意識よりも断然低いです。

意識も低ければ技術も少ないです。これは本当に仕方がないことだと思います。過ごしている時間が明らかに少ないですから!

 

でも、これを「仕方ない」と思って何もしないようではダメです!!妊娠していなかった分、「親である」という意識をママに近づけようとする気持ちがなければ夫婦の意識の差は開く一方です。

 

スロースターターのパパ

「父親」の意識や育児の技術の獲得はママよりも明らかにスロースタートです。

ここで何もやろうとしなければ、「何もやってくれない、やってくれようともしない夫」、「自分でやったほうが早いし・・・」と妻は何も頼まなくなります。

「自分でやったほうが早いし何も期待しない」と吹っ切れている人ならばそれでもいいのかもしれませんが、言わなくても「本当に自分のことしかやらない、私は自分の準備と子供の準備としなければいけないのに!」と思っているはずですww

(私の独断と偏見ですよw)

 

そして夫婦の会話は減っていき、産後クライシスに突入していってしまうのかな・・・なんて思いました(;’∀’)

 

おむつ交換、ミルクの準備後片付け、お風呂の準備から実際のお風呂、着替え・・・男の人でもできることですよね??

生まれてからやっと自分が親であると認識するパパ!スタートが遅い分、ここからは駆け足でママに追いついていきましょう!!

あくまでも私の個人的見解ですので・・・ご了承ください(;’∀’)