こんにちは!子育て中の助産師アダチホです(⌒▽⌒)!

なんと早いもので保育園の連絡帳が一冊使い終わりました!!

広告

連絡帳でわかる成長。

慣らし保育から開始

生後8ヶ月くらいから通い始めた保育園。

そもそも求職中で途中入園できたことがミラクルでした。働けるー!と思った瞬間でしたね(⌒▽⌒)。

1ヶ月かけて慣らし保育をしてもらい、その間に就職活動をして内定をもらい、本格的な保育園生活がスタートしました。

 

慣らし保育の時は預けて号泣。

ずっと泣いてました~ってお迎えの時に言われることもしばしば(・_・;

初めは2時間くらいからスタートして、離乳食を食べて帰る、おやつを食べて帰る、おやつの後少し遊んで帰る  とだんだん保育の時間を伸ばしていただき、約1ヶ月かけて、フルの時間楽しく過ごすことができるようになりました。

 

最初はご飯も食べなかったのが今ではモリモリ!

慣れるまで保育園のご飯はあまり食べませでした(⌒-⌒; )あげる人も違うし食べる環境も違うし、娘なりに戸惑っていたのかと思います(・_・;

でも、今は完食です!!!先生たちからも「よく食べますよ!!」と褒められています!!w

離乳食の時から預け始めたので、離乳食後期に移行する時や完了食に移行する時などは、保育園からたくさんアドバイスをもらいました。

やはり、小さい子のプロですからね!!

「そろそろ完了食にしていきたいと思いますのでおうちでも試してみてください!」などと言われたタイミングで調理法を変えたりしていましたね。

本当に保育園に育ててもらったといってもいいくらい感謝しています!

 

ハイハイ時代から一人歩きまで!

運動の面ではハイハイの時代から入園した娘。同じクラスの子は何ヶ月か上の子で娘が最年少でした。

その頃の数ヶ月は結構な差で、他の子は歩けるけど、娘はハイハイをしているみたいな感じでした。

それから数ヶ月、保育園の連絡帳を見返してみると、「今日1人で立っていました」、「今日一歩足が前に出ました」など保育士さんが成長の記録を残してくれています(*^◯^*)

色々な方に見守られて大きくなったんだなぁと実感しました。

いまでは早すぎるくらいスタスタ歩いてどっかに行ってしまいそうです(⌒-⌒; )

目を離せないとはまさしくこのこと!これからも色々な方に支えられながら、親子共々成長していきたいと思います!!

保育園の連絡帳は大切な思い出の一冊となりましたー!大切に保管していきたいと思います!!