こんにちは!子育て中の助産師アダチホです((o(^∇^)o))

今日は母子同室の時の過ごし方と休息の取り方について書いていきたいと思いますヽ(*^ω^*)ノ。

広告

出産後の入院生活

 

母子同室とは?

母子同室とは読んで字のごとく、母と子が同じお部屋で過ごすことです。

退院後の生活や母乳の面から考えても母子同室の方がメリットがあるので、取り入れている病院が多いと思います。

 

実際いつから母子同室なのかは病院によって異なると思いますが、出産後からずっと一緒のパターン、出産後はちょっと休んで数時間後から一緒のパターン、1日はゆっくり休んで産後1日目から一緒のパターン、などあるかと思います!

いずれにせよ、ママの赤ちゃんが同じ空間で過ごし、ママには少しずつ育児の方法を習得してもらう。退院後、赤ちゃんと一緒の生活をイメージするのには必要な時間です((o(^∇^)o))

病院にいるうちは気になることなど沢山スタッフにきけますが、退院したら気軽には聞けません。入院中に疑問なことはどんどん聞いてほしいと思います!!

 

 

 

 

こんなに大変なんて聞いてなかったー!!ギブミー睡眠!

特に母乳を推進している病院ではこう思ってしまうのが現実かと思います(^◇^;)。

 

育児書にはだいたい3時間おきの授乳と書いてあるのに、毎時間飲んでるぜ!わが子よ!!!みたいな(笑)

3時間空くなら少しはスッキリ?寝ることは少しできますが、3時間空くならいい方、夜から朝にかけて活気がでる赤ちゃんが多いのが現実。

 

1時間おきの授乳、むしろ毎時間の授乳。私はいつ寝たらいいのでしょうか?と思いますよね(^_^;)

 

母乳の分泌にとって、沢山吸わせることが大切。この毎時間や1時間おきの授乳がのちの分泌アップにつながることが多いのです。

 

 

 

夜が明けたら寝始める赤ちゃんが多いので昼間に寝る!!

ママは「いつなったら休めるの?」と不安かと思いますが、日中になったら静かに寝てくれる赤ちゃんが多いです。

 

ポイントは赤ちゃんが寝ている時に自分も寝ること。昼間は眠れないなんて言わずに寝てください!!!(笑)

 

赤ちゃんが静かに寝たら自分も寝ましょう。

面会の人がくるから…、昼間は物音が気になって眠れない…。いえいえ、気にしないで横になりましょう(笑)

夜一睡もせずに授乳で徹夜、体は疲れ切っています(お産の疲れもありますしね)。

普段昼間は眠れなくても横になった瞬間に信じられない睡魔が襲ってきます(笑)体に逆らわず寝ましょう!!

 

面会の人だって「あ、寝てる。」と思ったら静かに待っていてくれると思います。

大変な出産を乗り越えて体は疲れ切っている、毎日徹夜のような授乳で体も心も疲れる。こんな時こそ、自分の休息を優先させた行動をとっても誰も文句は言いません(笑)

何をどうしても赤ちゃんが寝てくれない、でも自分はもう休まないと限界!!!というときは産院のスタッフに声をかけて下さいね!

 

 

母乳にいいとされるハーブティなんて置いてる病院だったら最高♬

ハーブティーおいていある病院もありますよね!沢山飲んじゃってください!(笑)

母乳の質や分泌を促してくれるものや、リラックス効果のあるもの、

なさそうな病院なら自分で持ち込んじゃいましょう!(笑)

水分をしっかりとって休む事が母乳にもママの体にも大切です!皆さんの育児が順調で楽しいものでありますように!!


【初回半額】AMOMAミルクアップブレンド