こんにちは!子育て中の助産師アダチホです!!

以前から母乳育児について記事をいくつか書いています。

今日は「完全母乳育児の辛さ」について書いていきたいと思います。

広告

 

完全母乳育児

「完母」が辛い?眠れないって結構辛いよ。

新生児の時はどうしても3時間おきの授乳があるので、まとまった睡眠時間が取れません。

「寝れて3時間」という感じです。

特に産院に入院中で、母乳がまだしっかりと出ていないときは、一時間置き、下手したら毎時間の授乳なんて当たり前。

「いったいいつ眠れるんだろう・・・」と思うと思います。

 

この、母乳がしっかりと出ていない時期におっぱいを沢山吸わせることは、今後の母乳育児に大変重要で、この時期を乗り越えてこそ母乳がしっかりと出るようになるとも考えられます。

 

しかし、「眠れない」というのは大変なストレスです。

 

 

睡眠は人間の基本的欲求!

そもそも、睡眠というのは、人間の基本的欲求です。

それがかなわないというのはストレスでしかありません。

新生児は夜に泣くことが多く、明るくなってくると落ち着いて寝てくれることが多いです。

ママもだんだんそのペースに慣れてきて、明るくてもちょっとした時間で眠れるようになったり、ちょっと眠っただけで案外すっきりとしたリしますが、最初のうちはなかなかそうはいきません。

 

人間夜になったら眠たくなるのは仕方がないこと、そこで頻回な授乳のために眠れないとなるのは体もしんどいし「この状態はいつまで続くんだ!!?」と精神的にも辛いのです。

 

 

ストレスは母乳に良くない!

そもそも、ストレスは母乳育児によくありません。自分の体があってこその育児です。

私は「完母が辛い」と思いながら授乳を続けるくらいなら、多少ミルクの力を借りて自分の体を休めつつ育児を続けていってもいいのかな?と思います!

ミルクを使ったからと言って100%眠ってくれるというわけではありませんが、普段よりも長く寝てくれた気がするという感想が多いです。

ミルクを使うのは決して悪いことではありません。

ミルクを使ったからと言って、母乳が出なくなるというわけでもありません。

 

 

育児はしばらく続くもの!自分の体も大切に!!

「完全母乳だから一日しっかりと眠れないのは仕方がない」「授乳とはこういうものなんだ」とそう思っているので、精神的にも身体的にも辛くない。と思っている人ならそれでいいと思いますが、眠れないことが辛いと感じる人は無理することないと思うのです。

「授乳のために眠れないのが辛いと感じてしまう自分は母親としておかしいのかな?みんな頑張っているのにどうして自分は辛いと自分のことばかり考えてしまうのか・・・」などと思ってしまう方もいると思います。

そういう考えもあって当然です。

1人の人間ですから自分の体も大切です。そして、ママが疲れてしまって育児が難しくなってしまったら本末転倒なのです。

慣れないことを産後の疲れた体で行うことはなかなか難しいものです。最初からうまくできないのも7当然です。ちょっとずつ慣れていけばいいのです。

自分の体も労わり、周りの力も借りながら、母乳育児と向き合ってもいいのかなと思うのです(*´▽`*)

 

搾乳をしておいて、夜の授乳は1回分家族にお任せするというような方法もありますし、その時にミルクを使うという方法もあります(∩´∀`)∩

 

一番大事なのは、ママが辛いと思わず、ストレスをためずに育児ができ(生活ができて)、赤ちゃんがすくすくと成長することだと私は思います(*´▽`*)。

 

 

母乳育児の強い味方!おいしく飲みやすいハーブティー!を紹介しています!

おいしい!飲みやすい!ほほえみキラリの母乳育児ハーブティー!「ほほえみママミルクブレンド」

ほほえみママミルクブレンド公式ホームページ