こんにちは!子育て中の助産師アダチホです!

みなさんは妊婦健診にどれくらいの頻度でいくのかご存知でしょうか?

実は時期によって妊婦健診の頻度は異なります。妊婦健診の助成もその頻度に応じて枚数が発行されていることが多いです。

行き過ぎていたり、行かなすぎたりしていませんか?妊婦健診について書いていきたいと思います!

広告

 

妊婦健診。

妊婦健診の頻度は?

特にリスクのない単胎(おなかの中の赤ちゃんが一人)の場合、妊婦健診の頻度は決まっています!

 

これは、看護師の国家試験でも出題されるほどの内容なのです。

国家試験のテキストには「罪よ巫女に寒い健診」とゴロで覚えるように載っています(笑)

  1. 罪よ=23(週までは)4(週に1回)。
  2. 巫女に=35(週までは)2(週に1回)。
  3. 寒い=36(週から)1(週に1回)健診 となるわけです!

 

まとめると、

  • 初期~23週までは4週間に1回
  • 24週~35週までは2週に1回
  • 36週~は1週間ごとの健診となるわけです。

しかし、初期の間は流産などの可能性もあり不安定な時期なので、2~3週間ごとの健診としている産院もあります。

具体的には11週末までに3回くらいの健診を受けていることが望ましいです。

 

この回数で健診に通うとおおよそ14回の健診を受けることになります。

きっと妊婦健診の助成券も14枚程度いただけることが多いのではないでしょうか?

 

 

補助券がもうない??健診に行き過ぎていませんか?

妊婦健診に行かないよりも頻繁に行っているほうがまだいいのかもしれませんが、妊婦健診に来た妊婦さんの補助券を覗くと、まだ8か月くらいなのに、もう補助券の数が残り数枚!なんて方もいます。

特に、里帰りなどで今まで違う病院で健診を受けていた場合、出産する病院に行ってみたら、補助券が残り少ない!どうして?と思ったら、以前に通っていた病院では毎回2週間ごとに健診を受けていた、なんていうケースも。

 

4週間に一回の健診でいい時期なはずなのに(特にリスクがなければ)、2週間ごとに通っていれば補助券は早くなくなってしまいます。

 

健康な方の妊婦健診は原則保険がきかない自費負担なので、補助券がなくなった後は満額自費負担になるわけです(;´・ω・)

私も、娘を40週と5日で出産したので、健診の回数が必然的に多くなり、最後の2回分は実費負担になりました。39週台で産んでいれば負担しなくてよかったのに!!と思っていました(笑)しかし、こればっかりはコントロールできないので仕方ないですね(-_-;)

 

健診によく行って補助券がすぐなくなってしまう場合・・・妊婦さんの希望でその頻度なのか、病院の方針なのかはよくわかりませんが、通常満期まで無くならないはずの補助券が8か月くらいでなくなってしまうのは切ないですよね(;´・ω・)

もし、病院の方針でそうなら、妊婦健診がどのくらいの頻度で行うべきなのか、自分はどのようなペースで行くべきなのか、自分でも知って置くことが必要だと思います!

 

 

 

なぜ妊婦健診が必要なのか?

妊婦さんとおなかの中の赤ちゃんが健康かどうかをチェックする健診。

定期的な健診で、切迫早産や妊娠糖尿病、妊娠高血圧症候群、胎盤位置異常、胎児異常(発育遅延・胎位・羊水量など)、胎児機能不全の早期発見に努めるとされています。

 

 

どうやって健康状態をチェックするの?チェックする項目は?

健診ごとに

  • 体重
  • 血圧
  • 尿検査(糖・タンパク)
  • 子宮底測定(毎回超音波検査を行っていれば省略可)
  • 腹囲測定(各施設で必要か判断)
  • 胎児心拍の確認
  • むくみ

 

超音波検査(エコー)での健診が一般化されてきているので、エコーで胎児の大きさなどを毎回チェックする場合は子宮底(子宮の大きさを測る)の測定は省略可となっているので、子宮底の測定をしていない施設も多くあると思います。

また、子宮底の測定・むくみの評価は16週まで省略可となっています。

 

 

エコーが全然ない?!どうして?赤ちゃんを見たいのに!!

妊婦健診を行う病院によって、健診の内容が異なる場合があります。

それは、ガイドラインによって定められた必要最低限の健診内容を行っている病院もあれば、毎回エコー検査を行う病院もあるということです。

 

妊婦さんにとって、気になるのはエコーの回数ですよね?

私も娘がいるので、エコーの写真をアルバムに貼ってはその週のコメントを書いたりしていました。

 

 

上記の本に書いてあるのですが、エコーの検査は原則4回で十分と書かれています。

時期によって赤ちゃんの成長をみたり、赤ちゃんの臓器の状態を確認したりします。定められた時期以外は赤ちゃんの心拍の確認をしていきます。

毎回エコー検査を行うわけではないので、簡単な健診で終わってしまい「今日はもう終わり?」というように感じることもあるかと思いますが、きちんと定められた回数は行っているのでご安心を(笑)

それに、エコーの検査もただではありません。一回行うと数千円かかっています。

 

個人的には、簡単な検査で終わってしまっても必要な時期にきちんとエコーに検査を受けられて、赤ちゃんの状態を確認してもらえるならば、経済的な妊婦健診でいいなと思っています(笑)

 

必要な時期に健診を行い、必要な内容の健診を行い、自分と赤ちゃんの健康を守っていきましょう(*´▽`*)

健診の際は母子手帳の持参を忘れずに!!あと、健診に行く際は母子手帳や補助券の記入を忘れずにしてくださいね!!