こんにちは!子育て中の助産師アダチホです!!

ちょっと前の話ですが、我が子が手足口病に感染しました( ノД`)シクシク…夏風邪の一種ですが、まだまだ流行っているらしいので、その時の記録を書いておきたいとおきたいと思います!

ちなみに、保育園に通えるまで3日かかりました(-_-;)

広告

 

手足口病

 

我が子の手足口病の始まり。

始まりは日曜日の夜でした。いつもは準備したご飯をもりもり食べる娘ですが、この日は半分くらいしか食べませんでした。そして、ソファでくつろいでいるうちに、私のひざ枕で気づいたら寝てしまったのです。

布団まで連れて行っても、目覚めず(-_-;)いつもなら結構敏感で動かすことが多いんですけど(;´・ω・)あぁ相当疲れさせてしまったか(;´・ω・)とちょっと反省しました。

 

眠っている間、ちょこちょこ様子を見に行くと、ちょっと熱っぽくなっている娘の体(;´・ω・)

あちゃー発熱しちゃった…。38度台の発熱でした。ベビー用のスポーツドリンクをゴクゴクと飲み干す娘。これを沢山飲むときはまぁまぁ調子悪いときなのです(笑)

月曜日は夫が休めそうとのことで、看病をお願いしたのでした。

 

 

 

欠席1日目【発熱との闘い】

ひとまず月曜日は保育園を欠席。変わらず熱は38~39度くらい。

ごはんは「いらない」といい、大好きなベビーチーズを1つ食べました。

 

それから、突然の嘔吐(”◇”)!

ベビー用のスポーツドリンクと食べたばっかりのチーズ・・・。我が子、まぁまぁ高い熱が出ると吐くことが多いです(;´・ω・)

 

1つ気になったことといえば、股~おしりにかけて赤くなっているなぁというのはありました。時々、かぶれてしまうことがあるので「またおしりが赤くなっちゃた。」と思いました。

 

 

まぁ、ひとまず夫に娘をお願いして仕事に行きました。

 

夫は娘を小児科に連れていってくれました。

(座薬を使ったり、おむつからおしっこが漏れてしまったりとても大変な思いをしたそうな・・・(;’∀’))

 

診断としては、現段階としては発熱のみで喉もそこまでブツブツと湿疹はない。これから手や足に湿疹が出て来たら「手足口病」。喉に水疱ができたら「ヘルパンギーナ」ということでした。

 

その日一日は娘も具合が悪く、水分を取るのみでした。

夕方になるとちょっと熱は下がり、遊んだりするようになりましたが、ご飯はやはり食べられず・・・

夜頃には、ひざのうら、ひじなどにプツプツと湿疹が出始めました。でも何よりもひどいのはおしりやおまた!

「手足口病」じゃないじゃん!!もはや「おしり病」だよ!と思ったのでした(笑)

 

 

 

欠席2日目【元気だけどご飯が食べられない】

この日は私の仕事がたまたまお休みだったので、娘と過ごしました。

娘は元気になったものの、以前としてご飯が食べられず、水分のみ。朝からおかゆを作りましたがダメでした。ヨーグルトや大好きなチーズ、ゼリーのみで過ごしました。

体は元気なので、ブロックで遊んだり絵本を読んだり楽しみました(私は久々に娘とずっと一緒にいたので疲れました(笑))

 

湿疹が広がってきて、ひじなどは「かいかい」と言ってかきむしってしまって、血が出るまでもう一歩みたいになってしまいました(-_-;)

これが肘の写真です。

そこまで、湿疹は広がらずに済みましたが、肘はかきむしりやすいのか、しょっちゅうかいてしまって真っ赤になってしまいました(-_-;)

 

おしりはもっと赤みが広がっていたので、おむつ交換は痛いらしく、戦いでした(;´・ω・)

これはお互いに切ないと思い、もう一度小児科へ「軟膏はもらえないか」と相談に行きました。

 

 

小児科で軟膏をゲット!!

小児科の先生によると、手や足だけでなく、今季はおしりやおまた、ひじ・ひざに出るものが流行しているのだとか!まさしく流行に乗った娘でした。

ひざの後ろはこんな感じで結構湿疹が広がりました(;´・ω・)

 

昨日受診したときにはなかった口の中にも湿疹があり、かための食べ物を飲みこんだり、熱いものは痛くて食べられないかもしれないと。冷たいものや柔らかいものをあげてみてくださいとアドバイスを受けました。

 

 

おしりやお股には「アズノール軟膏」を、体のひどい部分には「リンデロンVG軟膏」をということで処方してもらいました。

やはりかきむしって悪化してしまうことはよろしくないので、塗ってあげてくださいとのことでした。

 

それから娘には「かいかいにお薬塗ろうね」と言って、塗り始めました。

娘も「ここ かいかい」とかゆい場所を教えてくれるようになりました(笑)

 

 

夜も普段通りの食事は食べられず、翌日も欠席することに。

 

保育園に行くには「熱が下がり、普段の食事が問題なく食べられること」が条件なのです。

元気は元気なんですけどね・・・いかんせんご飯が食べられません(;´・ω・)

翌日はまた、夫が休んでくれることになり、看病交代です。

 

 

 

欠席3日目【やっとご飯が食べられた!】

3日目にしてやっとご飯が食べられるようになりました!朝も普段と変わらない、納豆ご飯をペロリ。

「もしかして今日から登園できたか?」と思いましたが、夫が休む手続きをしてくれていたので、しっかり休ませることにしました。

 

この日は、元気で全く普段通り。「明日から登園できるな」というのを確信しました(笑)

 

 

 

そもそも「手足口病」の治療や過ごし方は?

その名の通り、手足や口に湿疹ができる病気です。何種類かウイルスの型があり、以前かかったことがある子でも、再度かかってしまうことがあります。

おしりやひざに湿疹ができる場合もあるとのことです(まさしくこれでした(;´・ω・))。

 

痛みがあるなら痛み止めを、湿疹がかゆい場合は軟膏をというように特効薬はなく、対症療法しかありません。

 

入浴は元気であれば問題ないようです!

そして、気を付けるべきことは食事!口の中が痛いときは熱い物、辛い物、酸っぱい物、固い物は避けるべきです!

 

【こんな時はもう一回受診しとこう!】

  • 口の中の痛みが強く、水分があまり飲めないとき
  • 高熱が続くとき
  • 吐いてぐったりしている時

 

 

【保育園や学校について】

基本的には、元気で熱がなければ登園・登校してOKです。

保育園によっては決まりがあるかもしれないので、確認しましょう。

娘の園は「熱がなくて普段通りの食事が食べられること」と書いていました!

 

 

夏に流行する手足口病ですが、今年はとっても流行っているみたいです。

大人も移るので、手洗いうがいをしっかりとして予防しましょう!!

※我が家では娘のみの感染でとどまりました!!(笑)