こんにちは!子育て中の助産師アダチホです!!

前駆陣痛が続いて2日くらいまともに寝ていない( ;´Д`)という妊婦さんは結構多いものです。

しかし、それは疲労がたまる原因!!助産師的にも休むことをおすすめします!!

そこで、前駆陣痛がある時にオススメの3つの過ごし方を紹介したいと思います(*´▽`*)

広告

 

前駆陣痛。

前駆陣痛とは??

前駆陣痛とは本番の陣痛の予行練習のようなもので、お腹の張りのこをいいます。初産婦さんでお腹の張りを経験したことがない人は「これは陣痛か??」と思ってしまうのも無理はありません。

子宮収縮であっても、陣痛の間隔はバラバラで不規則だったり、痛みの強さも弱かったり強かったりとバラバラ。

そして、前駆陣痛のほとんどは子宮口の開きを伴わないことが多く、病院に行っても「全然開いてきていないから前駆陣痛かもね」と言われて帰宅を促されます。

 

自分的には結構痛いと思っているのに、子宮口は開いていないし、まだ家で待機なんてどうしたらいいの~(;_;)という妊婦さんに前駆陣痛の時の過ごし方を紹介したいと思います!!

 

 

 

①ひとまず気にしないで寝る、横になって休む!

前駆陣痛の多くは夕方から夜にかけておこることが多いです。「ちょっと痛いかもしれないけど我慢できないってほどではないな…」という時は普段通り布団に入って寝る体勢をとって休みましょう(*´▽`*)

前駆陣痛のほとんどは気にしないで寝てみようと思えば寝れてしまい、気づいたら朝を迎えることが多いです。

 

【陣痛アプリはしない!】

前駆陣痛で眠れないという方は、次の陣痛はいつ来るか??と気にして陣痛アプリをつけて、今は何分置きと細かく測っている人もいます。

張る度に携帯に手を伸ばしいじっているようでは眠れないのも当然です。それに夜間に携帯の光を見ていては目がさえてしまいます。

子宮口の開きを伴う本番の陣痛が来れば、寝ていてもほとんどの場合痛くて起きます(;´・ω・)お腹を下しているけど寝た時、お腹が痛くて起きるのと同じようなものです。

 

 

 

②食事をとる。

前駆陣痛なのか本物の陣痛なのかは時間が経ってみないとわかりません。

お腹が張るし食べる気もしないから食べないでおこう~なんて思って本物の陣痛が来た場合は体力的にきつくなってしまいます。それに、本格的な陣痛がきた場合は余計に食べられないことが多いです。

しっかりとご飯を食べた方がいい陣痛につながりやすいので、本物の陣痛の準備だ!と思ってしっかりとご飯を食べておきましょう!

 

 

③お風呂に入ってリラックス!!

いつ来るかわからない本物の陣痛に備えて、お風呂にも入っておくことをおすすめします。

出産したら浴槽に浸かることができるのは基本1ヶ月健診後です(⌒-⌒; )綺麗にして出産を迎えたいという気持ちもあると思います。

それに、入浴するとリラックスして副交感神経が優位になります。陣痛は副交感神経が優位になると強まるので本物の陣痛が来るかもしれません(⌒▽⌒)

 

 

出産前にできるだけのことをやって本番の陣痛に備えたいですね!!

私は特に寝る!!これをおすすめします!!寝ないで本物の陣痛が来てしたい、体力不足で、出産が長引くなんて辛い思いをするのは大変ですからね( ;´Д`)

前駆陣痛はひとまず気にしないで寝ましょう!!(笑)

 

 


安産アロマ「バースサポート」




安産ハーブティーの「ラズベリーリーフティー」