こんにちは!子育て中の助産師アダチホです!!

妊娠中の歯医者さんの受診についてどのくらいの時期に行ったらいいのか、そもそも行く必要はあるのか?と悩んでいる方はいませんか?

 

妊娠中から歯を健康に保っておくことは、赤ちゃんのためにも自分のためにも大変重要なことです。

それに、産後では小さい赤ちゃんがいるため、なかなか自分のために時間をさくことが難しくなってきます(;´・ω・)

最近では、重度の歯周病は早産・低出生体重児の頻度が高まるという報告もあります。

是非つわりがおさまったら、お腹が大きくなりすぎる前に自覚症状がなくても歯科検診を受けてみてください!!

 

 

妊婦で歯科検診が必要なのはお口のトラブルが起こりやすいから!

先ほども記載しましたが、重度の歯周病は早産・低出生体重児のリスクを高めるという報告があります。

歯周病の早期発見・早期治療のためにも、妊娠中に歯科検診、必要であれば治療を受けることが大切です。

そして、妊娠中は口や歯のトラブルがおきやすい時期とも言われています。その原因を書いていきたいと思います!!

 

 

①つわりの影響

つわりの期間は特に、歯磨きすのも「オエっ」っとなってしまったり、甘いものをいつも以上に食べてしまう、不規則な食生活になるなどお口の中が不衛生になりやすい状態と言えます。

つわりの時期は「食べられるときに、食べられるものを食べる」というのが基本。夜中であっても目が覚めてオエっとしたら、何かつまんでいたという人もいると思います。

 

 

 

②ホルモンバランスの影響

妊娠中はホルモンバランスが変化し、唾液(よだれ)が粘り気の多いものになってしまいます。よって、食べカスが残りやすくなるといわれています。

また、唾液が酸性に傾くことにより、口の中に細菌が発生しやすくなるのです。

 

①、②の状況が重なることで、歯肉炎や歯周病、虫歯が発生しやすい状況と言えるのです( ノД`)シクシク…

 

 

 

自治体によっては歯科検診の補助をしてくれるところもあります!

母子手帳を見てみると、【妊娠中と産後の歯の状態】というページがあります。

母子手帳にも記載されているということは重要視されているということですし、自治体によっては歯科検診を手軽に受けることができるよう、料金を補助してくれるところもあります。

 

きっと母子手帳をもらいに行った時、色々ともらった書類に入っていると思います。

私が住んでいる自治体は歯科検診が無料、治療が必要になった場合は自己負担でといった内容でした。

 

そして現在絶賛治療中です(;´・ω・)(笑)

 

 

どのくらいの時期に行くのが望ましい?

体調が良ければどの時期でも構わないのですが、つわりが終わり、妊娠後期に入る前、いわゆる安定期に受診するのがベストです。

妊娠5か月~8か月の間くらいに受けるのが望ましいです。

 

歯医者さんではどうしても、仰向けの体制で治療を受けますよね。

妊娠後期にもなってくると、成長した赤ちゃんと羊水とでお腹はかなり大きくなってきます。

天井を見て寝る、仰向けの体制になることで、心臓に戻る「下大静脈」という血管を圧迫してしまい、血圧が下がって具合が悪くなることがあります。これを、仰臥位低血圧症候群と言います。

 

横向き、特に左を下にして(左を向く)ように横へ向くと圧迫が取れて楽になるのですが、歯医者さんでは横向いたままの治療はできないですからね(;´・ω・)

なので、つわりがおさまってからおなかが大きくなりすぎない、安定期に歯科受診・治療をすることをおすすめします!

 

 

歯の健康を意識した生活を!!

やっぱり歯周病は虫歯にはならないのが一番!!普段からできることをまとめておきますね★

  • 間食はできる限りやめる
  • 糖分の多い飲み物は控える
  • 食後の歯磨きを忘れずに!

口の中を清潔に保つことで虫歯や歯周病は予防できます。

特に自覚症状がなくても歯科検診を受診しましょう!!

 

また、薬剤等は影響のないものを選択してもらいましょう。レントゲンは防護エプロンを使ったりして胎児への影響が少ないように配慮してくれると思います(*^▽^*)

また、受診の際には母子手帳を持って行くのを忘れずに!