こんにちは!子育て中の助産師アダチホです(∩´∀`)∩

沐浴の記事は結構読んでくださっている方が多いようですが(出産準備品 ベビーバス(沐浴槽)は必要か?!)、弟二子の出産では、キッチンで使える小型のベビーバスを購入して使っていました!

ベビーバスは自宅でどのように使うかを想像して購入するのが一番です!

 

キッチンで使える小型のベビーバスを準備!

弟二子出産にあたり、里帰りした私。実家はまぁ狭い!(笑)そして古い!!(笑)

第一子の時は自宅で生活しており、洗面台が大きかったので赤ちゃんが十分入れる大きさだったので、毎回洗って洗面台をベビーバス代わりに使っていました。

 

しかし、実家はそうもいかず、洗面台がとても小さいし水しか出ない(笑)

お風呂場も狭く寒いのでこれはキッチンで行うしかない!という結論に。

 

私の妹をキッチンで使えるベビーバスで沐浴してたよという母のアドバイスもあり、小型のベビーバスを購入かレンタルすることにしました。

 

 

 

ベビーバス購入orレンタル??

早速ネットで情報収集を始めます。

購入とレンタルではどれくらい料金が違うのか・・・

色々とみましたが、購入すると1000円ちょっと。レンタルすると送料だけで1000円くらい・・・。

大きいしコンパクトにならないので、送料がかかってしまうのは仕方がないですね(;’∀’)

 

ちょっとかさばるけれど、もう一人産むかもしれないし(?)水遊びにも使えるかもしれない。と理由をつけて購入することにしました。

 

西松屋の楽天ショップで購入しました!

送料無料にすべく、色々と出産準備品を購入しました(笑)

台所のシンクに入る分はコンパクトなのですが、全体的には大き目なので大きい段ボールに入って届きました!!

 

 

使い心地は満足!

本当にシンプルなベビーバスでしたが、せっけんやガーゼを置いておくところはついています。

台所の蛇口からお湯を入れて、使い終わったら栓を抜いて軽く洗ってお風呂場に置いていました。

シンクで行うメリットは

  • セッティングしてそのままお湯が入れられる
  • 使い終わったら移動することなく栓を抜いてお湯を捨てられる
  • 立って行うのでそこまで腰に負担がかからない(私は病院の沐浴槽に慣れているので(;’∀’)あの高さが腰にくる・・・という人もいます)

こんな感じで、実家ではシンクで使えるベビーバスで沐浴を行っていました(∩´∀`)∩

 

 

ベビーバスをネットで購入するメリット

シンクのサイズも家庭によって様々。実家のキッチンはおそらくファミリーで過ごすのに最低限の大きさ(笑)

レンタルのショップや西松屋のHPでサイズの確認をしながら購入しましたが、このサイズだと入らないねという商品も何個かありました(;’∀’)

ネットでは必ずサイズが書かれているので、実際にシンクを測りながら購入を検討することができるというのが大きなメリットだと思います!

店舗だと、これにしよう!と思って購入しても実際に置いてみたら入らなかった(;’∀’)という可能性も出てきます(;´・ω・)値段はそこまで高くないですが、大きさがあるものなので買いなおしや返品交換などは避けたいですよね。

 

 

 

レンタルすることのメリット

我が家は購入しましたが、多少料金が高くなってもレンタルするのも良い方法だと思います。

レンタルすことの最高のメリットは使い終わったら返すので、邪魔になりません。

たとえ小型のベビーバスでもまぁまぁ大きいです(;’∀’)置いておく場所がない。今後使う予定はないという場合はレンタルの方がいいかもしれません。一か月しか使わないのに場所をとるものなので(;’∀’)

 

 

自宅の状況を考えて、赤ちゃんのお風呂の方法、どこでどのように行うか考えて買ってみましょう(∩´∀`)∩