こんにちは!子育て中の助産師アダチホです!

赤ちゃんを無事産み終えたら、数日間の入院生活が待っていますね。赤ちゃんと一緒に過ごすだけだから時間はあるんじゃないの?と思っている方、産後の体をチェックしたりおっぱいの変化をみたり育児の練習をしたり・・・と実は結構忙しい日々を過ごしています(;’∀’)

 

実際にどのようなことをしているのか紹介したいと思います!

 

 

 

産後の入院中ってどんなことしているの?

早速、入院中にどのようなことをしているか紹介しますね!!

  1. ママの産後の体の戻りチェック
  2. おっぱいの変化の観察
  3. オムツ交換や授乳などの育児指導
  4. 沐浴(赤ちゃんのお風呂)指導
  5. 産後の生活や過ごし方についての指導(退院指導)
  6. 赤ちゃんの観察(体温や体重など)
  7. 赤ちゃんの耳の検査(産院によっては任意)

基本的にこの上記つ7つは必ずやっていると思います。

経産婦であれば省略される項目もあると思いますが・・・(私は弟二子の時、育児指導、沐浴指導、退院指導は受けませんでした)(;^ω^)

 

 

他にも産院によりますが、

 

  • 小児科医のお話し
  • ママの状態によっては点滴がある場合もあります

 

 

 

 

1.ママの産後の体の戻りチェック

 

これは必ずやっています。妊娠中に大きくなった子宮が出産直後から元の大きさに戻ろうと小さくなります。

それが適切に戻っているか、産後の出血(悪露)の様子はどうかなどを観察します。

 

 

 

 

2.おっぱいの変化の観察

おっぱいは産後2~4日目くらいで劇的に変化していきます。

特に何も感じていなかったものが、赤ちゃんに吸ってもらうことで張ってきて母乳が作られるようになってくるのです。

おっぱいの変化が出てきているか、母乳の出はどれくらいか、乳首にトラブルがないかなどを観察し授乳のアドバイスもしていきます!

 

母子同室での過ごし方。眠れない!と悩むママへ。授乳の合間で昼夜関係なく休める時に休むことが大切。

 

 

 

3.おむつ交換や授乳などの育児指導

初めてだと赤ちゃんの抱き方も「どしたらいいの?」と不安に思うママが多いので、育児指導もしっかりと行います。抱っこの仕方、おむつ交換の仕方、着替えのさせ方などもお伝えします。

授乳に関しては母乳育児に力をいてれている産院の場合、毎回の授乳で様子を見せてもらって指導を行うこともあります。

 

 

 

 

4.沐浴(赤ちゃんのお風呂)指導

退院してから毎日自宅でお風呂を入れなければなりません。

首がすわってない赤ちゃんのお風呂、なおかつ家族と同じ浴槽ではなく、最低でも生後1か月までは沐浴槽(ベビーバス)で入れる必要があります。

退院してから赤ちゃんのお風呂に困らないよう、見学や練習をするため「沐浴指導」があります。

 

沐浴指導の時によく聞かれた質問と沐浴の方法を簡単に紹介します(∩´∀`)∩

出産準備で沐浴用の温度計は必要か??!

 

 

 

5.産後の生活や過ごし方についての指導(退院指導)

自宅に帰ってからの生活の注意点(産後での自宅の過ごし方、産後の体のトラブルや母乳のトラブルなど)、赤ちゃんとの生活について、困ったことがあったらの連絡先など、退院してから困らないように「退院指導」というものがあります。

退院してからのことが想像しやすいよう、退院がちかくなってから行うことが多いです。

 

 

 

 

6.赤ちゃんの観察(体温や体重など)

助産師や看護師、生後日数によっては小児科医が、赤ちゃんの観察を行います。

その日の体重や体温、呼吸、心拍数、黄疸の観察をして、生まれた赤ちゃんが子宮の外の生活に問題なく適応しているかを観察します。

午前中に行っていたり、午後に行っていたり産院によって異なると思いますが、赤ちゃんの観察は必ず行っています。

 

生まれてから赤ちゃんの体重が減る??!生理的体重減少と母乳育児

 

 

7.赤ちゃんの耳の検査(産院によっては任意)

生まれつきの耳の障害がないかを検査します。新生児聴覚検査といいますが、赤ちゃんがぐっすり眠っている時に行う検査になります。

入院費とは別料金で希望者のみ行う場合、入院費に組み込まれており全赤ちゃんを対象に行う産院とあります。

長女の時も次女の時も、入院費に込みでやってもらいました。

 

ぐっすり眠っている時じゃないと検査ができないので、授乳の時間をみつつ、日中の眠っている時を狙うのが大変なのです・・・(;’∀’)

 

 

 

番外編:他にもこんなことがありました。

他にも長女の時は、小児科の先生から赤ちゃんについてのお話しがありました。

赤ちゃんの一般的な成長についてや、母乳について、予防接種のことなどためになるお話でした。

 

帝王切開だった場合は水分の点滴、抗生剤の点滴。ママの出血量が多かった場合も水分の点滴や鉄剤の注射などを行う場合もあります。

 

 

 

 

毎日なにかしらのスケジュールがある産後の入院生活

毎日、ママの産後の体のチェック。育児指導、おっぱいの観察、赤ちゃんの観察。

産後すぐはこれらであっという間に一日が終わってしまいます。

産後3日目に沐浴指導

産後4日目に退院指導

産後5日目には退院というような感じで、毎日何かしらのスケジュールを抱えている産後のママと赤ちゃんです(;^ω^)

 

 

 

入院中で体を休めることも大切なので、無理のかからないように行いますが入院中は意外と忙しいということをママだけではなくご家族の方も知っていただければと思います!

出産後の面会は短時間で、当日は避けるのがマナー!