こんにちは!子育て中の助産師アダチホです!!

久しく更新が滞っておりました。日々二歳差育児の難しさを痛感しております(◎_◎;)

二歳差くらいがちょうどいいって言ったのは誰だー!!!と密かに思っております(笑)

二歳差育児の難しいと思ったところと上の子の赤ちゃん返り、私のストレスのことなど二歳差育児の実体験を書いていきたいと思います。

 

 

 

我が家の二歳差姉妹は上の子のジェラシーが大爆発!!!

我が家のの次女は、長女が2歳4か月の時に誕生しました。2学年差で二歳差育児真っ最中です。

里帰りから帰宅してからの実録2歳差育児!やっぱり大変だった!!にも書きましたが、里帰りから帰宅してからは本当に大変・・・と思う毎日でした。

 

何がすごいって、上の子(以下長女)の嫉妬がすごいんです。

はたから見れば、寂しい、構ってほしい。今まで自分だけのママだったのに突然赤ちゃんがママを独占していて嫌だ。

 

いや、わかるんですよ。理屈はわかるんです。。。

 

でも、当事者になったら「上の子を最優先に!」と思っていてもそうはうまくできないのが現実でした。

 

世間的に「二歳差くらいがちょうどいい」と言われているようなイメージがあるように感じますが、「二歳差絶対大変!!」と思っています(◎_◎;)

(もちろん上の子の性格にもよると思いますが、我が家の頑固でひょうきんな長女には厳しかったようです(;’∀’))

 

 

 

私が大変と感じるのは以下の4つです。

 

 

①食事や排泄、日常のあらゆることができなくなって「手伝ってー」を連発されるが、手伝えない。

1歳後半から始まった、「なんでもやりたい!!!」という時期がありました。

その時期からの延長線上で、割となんでも自分でやるタイプの長女でした(好奇心も旺盛なので)

食事もだいたい自分で食べれていたし、おむつもウンチだけトイレでできるようになっていました。着替えも自分でやる―!という感じでしたが、次女が誕生してから、ほぼほぼできなくなりました。

 

できなくなったというか、やらなくなった・・・。ママにやってほしい・・・というのは頭ではわかってるんですけどね・・・

自分でやってくれると心底助かるわけです。

 

でも長女にはそんなこと関係ないんですよね。ママが忙しい時ほど「手伝って―」と連発します。

しかも何が大変って、「手伝って」が毎回なわけではない。

自分でやりたいときもある、手伝ってほしい時もある・・・

 

次女が泣いている時ほど「手伝って」ほしい。

 

「自分でやる力を伸ばしたいママ目線」と「今は赤ちゃん返りしているからある程度できなくなってしまうのも仕方ないという目線」が混在して、対応に悩みました。

 

手伝ってあげられず長女に申し訳ない気持ちになると同時に、手伝うのが絶対無理という絶妙なタイミングで「手伝って―」「抱っこしてー」「遊ぼ―」と言ってくる長女にもイラっとするわけです(;´・ω・)

最後には、「二歳児の赤ちゃん返りにイラっとしている自分って・・・」と罪悪感に襲われるのです・・・。

 

 

構ってもらえず泣いている長女と、普通に泣いている次女と・・・どうしようもなく3人で泣きました(3回くらいみんなで泣きました)。

 

まけにひょうきんな長女は笑いを誘おうとして、裸で踊ってみたりするんですが(着替えてほしい時に)、1人でやることが沢山ある時は、そんなことでも笑って対応できないんですよね(;’∀’)

 

 

 

 

②赤ちゃんのお世話も嫌!おっぱいなんて絶対ダメ!!

特に授乳は長女が嫌がりました。

「おっぱいあげるの?ダメだよー!」と言ってきたり、本当に機嫌が悪い時は次女を叩きそうになっていました。

でもおっぱいはあげないと、次女にもダメだし、私自身もおっぱいが痛くなってしまうので授乳はしたいです。

 

一時は、長女のお昼寝の時間になるべく授乳しておくようにしたり、長女が入ってこれないキッチンの方で授乳をしたりもしました。

 

「おっぱいダメ―」と一日に何回も言われるのは辛かった。むしろ、次女を抱き上げた瞬間に「おっぱいあげるの?」と聞いてくるので私自身精神的にきている時はちょっとうんざりしました・・・

 

 

 

 

③赤ちゃんを泣かせないで!!でも抱っこやおんぶはしないで!!!という絶対無理な要求

次女が泣いているとイライラする長女、でも抱っこしてあやすともっとイライラする!!

八方ふさがりなわけです!!

 

最終的には長女も泣き出すという負のスパイラルです。

 

ぎゃーーーー!もう私も無理ーーーー!!!!!子供2人に対して大人1人は無理ーーーーーーー!!!!!!!

 

年齢の違う二人は遊び方も違う。もちろん食べるものも違う。お世話の内容も違う!!

それに加えて食事の準備とか本当に無理―――――!!!

 

長女は長女で思いっきり体を使って遊ぶこともできないし(公園にいっても次女を抱っこやおんぶしていれば思いっきり一緒には遊べない・・・)、ママがいるのにあまり構ってもらえずストレス増大。

 

 

思いのほか二歳差育児に行き詰った私は、次女がハーフバースデーを迎える前に職場復帰を目指して活動しました。

 

認可保育園に年度途中で入園!我が家の0歳児・2歳児の保活記録と申請時の優先順位のつけ方!

 

職場復帰してより多忙になるのは目に見えているのですが、一日のうち少しでも子供たちと離れる時間が必要だ。その方が私の精神衛生上いいと思いました。

 

 

 

 

 

④弟二子以降の経産婦「二人目だから大丈夫だよね」と大変なのも流されがち。ママの集まりも第一子ほどない。

経産婦さんは、「二人目だもんね~」と大変という気持ちも流されがちです。

もちろん赤ちゃんのお世話は二回目です。ある程度分かっているし慣れているのも事実です。

 

しかし、「2人の育児」は初めてです。それはそれで大変な部分が沢山あります。

3人目ならば「3人の育児」は初めてなのです。

 

赤ちゃん連れの地域のサークルなどはありますが、第一子対象のものが多く、経産婦の集まりはあまりないように感じます。

特に未就園児は幼稚園にも行けず、保育園に行っていない限り自宅保育になります。

 

これが結構息詰まるのです(あくまでも私は)(◎_◎;)

 

 

大変なのは今だけだよーとよく言われますが、私はその今が大変で仕方がない。それにいつまで続くかはわからないのがまた辛かったのです・・・

 

 

 

 

二歳差育児を経験してこれからの家族計画を考える

私は「子供は3人欲しい」と常々夫に話していました。

しかし、二歳差育児が想像を超えて大変だったので「もし3人目を考えるときがきたら、次女が完璧におむつが外れて、長女が喜んでお手伝いをしてくれるようになってからにしよう」と夫と話しています。

 

きっとまた、新生児に会いたいと思って3人目を考えるようになるかもしれませんが、次女のおむつが外れる時期を考えると3年は先になりそうです(笑)

 

それまでは、仕事場で妊婦さんや産後のママと赤ちゃんをサポートしたいと思います(*´▽`*)

 

 

二歳差育児って実際どうなの?大変!!!ということをベースに書いてしまいましたが、長女がだんだん次女に慣れてきて、一緒に遊ぼうとしたり「どうしたのー?」と駆け寄っていく姿もあります。

それはもちろん可愛いし、そういう場面が増えてきました。

大変なのは時間が解決してくれるのかもしれないけれど、「想像よりも大変」というのが私が思った一番の感想です(;・∀・)

こんな家庭もあるのね(;^ω^)という気軽な気持ちで読んでくださーい!