こんにちは!助産師のアダチホです(*´▽`*)

久々の更新となってしまいましたが、本日は出産で入院するときの荷物のお話しをしていきたいと思います(∩´∀`)∩

病院によって異なると思いますが、準備するときのコツは2つです。

  1. 病院で準備されているものをリサーチする
  2. なるべく少なく抑える

なんだかんだ荷物が多くなってしまうことが多いですが、荷物は最小限に抑えていくのがいいと思います!

 

 

病院で準備されているものをチェック!

病院で準備されているものは何があるかチェックしましょう。準備されているものの1つに「お産セット」という物があります。

出産される方に一つ渡されるバッグのようなもので、出産の際に必要なナプキンなどが一通り入っています。

だいたいの産院や病院で配られていると思います(∩´∀`)∩

 

 

お産セットってなに?

では具体的にお産セットには何が入っているのかお伝えしましょう(∩´∀`)∩

入院から出産直後、産後の入院期間中に使うものが詰まっています。主にナプキンなどの衛生用品といった感じです!

 

出産する施設によって具体的な中身は異なると思いますが

  • 破水した時や出産後に使うナプキン(大・中・小)
  • 産褥用のショーツ
  • 清浄綿
  • 母乳パット
  • 赤ちゃん用のガーゼ
  • 臍消毒のセット
  • 赤ちゃん用おしりふき

などが入っているセットです(∩´∀`)∩

授乳クッションやバスタオルなどがセットになっている場合もあります★

 

 

 

そんな便利なお産セットがもらえるなら他に準備するものは何?

お産セット以外に準備するものは、自分の生活で必要なものです(*´▽`*)

日用品は準備されている病院もあるので、その辺はどの程度の準備があるのか出産する施設で確認してみましょう!

 

よく手ぶら入院OK!なんていうところは日用品の準備も一通りされていると考えていいと思います(∩´∀`)∩

反対に、日用品がまったく準備されていない施設もあるのでしっかりと確認しておきましょう!

 

 

日用品が準備されていない場合で必要なものはどんなもの?

全く準備がない場合は、自分で持って行かなくてはなりません!

  • パジャマ(病衣レンタルできる場合もある)※有料の可能性もあり
  • 自分がシャワーに入る用のバスタオル
  • 自分が顔洗う用のハンドタオル
  • 洗顔フォームやシャンプー、ボディーソープなど
  • 産院の中で使うスリッパ
  • 食事用の箸など
  • 授乳用のブラジャー
  • 産褥用のショーツ
  • 陣痛中でも食べやすい物や食べ物(助産師が陣痛中におすすめする食べ物4選!
  • 筆記用具
  • お産セットのナプキンが無くなった時用にナプキン
  • 骨盤ベルト

他に私が準備したものは、お気に入りのふりかけです(笑)

 

あと細かいこと言えば、洗濯物を入れるビニール袋などもあると便利ですね(*´▽`*)

携帯の充電器やテレビを見る場合はイヤホンも忘れないようにしましょう!

 

1人1人鍵がかけられる貴重品ボックスがあることが多いですが、お金はコンビニや売店で使うくらいの最小限にしておくのが望ましいです!

 

 

 

 

荷物はまとめたらどうする?

荷物をまとめたら、玄関の近くなど持って行きやすいところに置いておき、自分以外の誰でも持ち運ぶことができるように家族に知らせておきましょう!

 

健診の際に何か異常があって当日に入院となることもあり得ます。

あとから家族に持ってきてもらうことができるように、情報共有しておくことが必要です!

 

そして、入院する病院も大部屋であれば自分用のスペースはそこまで沢山あるわけではありません。

病院で準備されているものを確認し、自分で持って行くものは最小限に抑えるのがおすすめです(*´▽`*)