こんにちは!新米ママ助産師のアダチホです!

以前助産師が安産目指してやったことという記事の中で3つやったことがあると書きましたが、そのうちの一つである会陰(えいん)マッサージについて書きたいと思います。

 

出産のとき、できれば会陰切開をしたくない・・・と思っている妊婦さんは多いはず・・・私もそうでした。

切開をしたほうがいいという場合ももちろんあります。その利点も知っています。

でも、できるならしたくなかった。というのが正直な気持ちです。

 

できる限り切開しなくても済むように妊娠中からできるケア「会陰マッサージ」について書いていこうと思います!

 

広告

 

会陰切開

会陰切開とは

会陰切開とは出産のときに、会陰の伸びが悪い、赤ちゃんの頭が大きい、分娩を早く終了させたほうが母子ともに安全などの理由で会陰を切開して赤ちゃんの出口を広げて出産する方法です。

 

下手に切れるぐらいなら切開したほうがいいという人もいますが、できるなら!可能なら!無傷で終えたいと誰しもが思いますよね!

だって会陰切開、痛そうだし、自分の体を切られるなんて(◎_◎;)!!ジョキって( ノД`)シクシク…

いやじゃーーーー!!

なんか、自然の摂理で切れてしまった場合は縫っていただければいいかなと思うんですが…切るのは痛い…痛そうだ( ノД`)シクシク…

もちろん赤ちゃんに危険が及んでいるなら切って早く出産を!と思いますが…

そこで、できることはやって「会陰切開をなるべくしない方向で出産に臨みたい」と思った私が行った方法を紹介します!

 

 

 

 

会陰マッサージ

「会陰マッサージ」聞いたことあるかと思います。本当に効果あるの?!と思うかもしれませんが、私は効果ありました!!!

会陰マッサージをやるにあたって直面するのはどのオイルを使おうか?ということだと思います。

私は最初、無印の「ホホバオイル」を使っていました。手に入れやすいし、コスパがいい。

でも、健診の時に聞いた話によると、カレンデュラオイルが浸透がよくおススメとのこと。

 

 

カレンデュラオイル

調べてみるとカレンデュラオイルは素敵なオイルだった!(笑)

妊娠中はもちろん、赤ちゃんにも使えるオイルとのこと!!!

とりあえず一本もっていれば重宝しそう!と早速いろいろ見に回った結果、一番に思ったのは、

カレンデュラオイル高い(;’∀’)(笑)

生活の木に行って帰ってきた記憶があります(笑)。小さいのに高い( ノД`)シクシク…

ヴェレダのカレンドラベビーオイルAMOMAのカレンデュラオイルがおすすめです!

 

 

関連記事

助産師もおすすめ!会陰(えいん)マッサージにはカレンデュラオイル!
 

 

使い方

私はヴェレダのものを使っていました(AMOMAのカレンデュラオイルがあるのを知らなかった・・・( ノД`)シクシク…)!

ヴェレダのカレンドラオイルは基本的にはベビー用なので、低刺激!会陰マッサージに使っても私はトラブルを起こしませんでした。

お風呂を上がってから、まずは妊娠線予防におなかや胸にぬりぬり★

そして会陰マッサージをお風呂でしていました!

薄いオレンジ色に柑橘系のいい香りでした!マッサージ中もそれでリラックスできました。

 

 

結果

会陰切開はせずに出産しました~(*^▽^*)!

膣壁が少し切れてしまったので縫ってもらいましたが、初産婦でこれはかなり優秀!だと自分で思っています(笑)

伸びに伸びたね~!と助産師さんも言っていました★

よって私は満足です(笑)

妊娠後期になって買ったオイルでしたが、少しだけ余ったので、産後は娘の保湿剤として使用していました!

いい香りに包まれてのベビーマッサージは娘も気持ちがよさそうでした~(*^▽^*)

用途が沢山のカレンデュラオイルで会陰マッサージ是非やってみてくださいね(∩´∀`)∩


 

会陰マッサージの効果?会陰が切れず(切開もせず)に産後は快適だった第二子の出産

助産師の出産レポ④いざ出産!誕生の時