こんにちは!子育て中の助産師アダチホです!

今回は薬液消毒について書きたいとおもいます!!

薬液消毒は病院でも使っていて、ミルトンでした。

広告

消毒方法③薬液消毒

私も哺乳瓶を頻繁に使うようになってから、電子レンジ消毒を少し手間に感じて薬液消毒を考えました

何が手間かというと、チンしたものを熱い中取り出して、トングで哺乳瓶類をいったん取り出し、中にたまっているお湯をシンクに捨てて、哺乳瓶類を容器に戻して乾かすという作業をやっていたからです。

中に入っている水や哺乳瓶について水滴をある程度捨てないと乾かないので(´;ω;`)ウッ…

そして、チンしたのはいいけど家事をしてたりしてすっかり忘れて、使いたい時には電子レンジの中にいれっぱだった…ということもよくありました(笑)

薬液消毒は哺乳瓶を洗って、薬液の入った容器につけるだけで、1時間以上浸ければ消毒完了!使用するときもそのまま使える!ということなので、魅力を感じていました。

薬液消毒のメリット

  • 薬液につけるだけなので手間がかからない
  • 消毒液を一回作れば24時間使える
  • 大きな容器はそのまま哺乳瓶収納になる

薬液消毒のデメリット

  • 塩素臭さが気になる
  • 薬液の購入が必要

私が感じたのはこんなところです。

各会社色々な商品を出しているので迷いますよね(;’∀’)

我が家は薬液消毒を常用しなかった

私が持っていたのは、小さい電子レンジ消毒のものだったので、薬液消毒をするとなると新たに容器の購入が必要でした。

(ちょっとお金出してピジョンの電子レンジ&薬液消毒ケースを買えばよかったかなと思う時がありましたw)

そして、どうしよう~買おうかな~と考えているうちに、毎回毎回ミルクを足さなくても満足してくれるようになったので、小さいもの一つで事足りています!

旅行中に役立ったミルトンCP

消毒液のタブレットタイプ!これは持ち運びに便利!薬液よりは高価かもしれませんが、用途によって使い分けるといいと思います!!!

私が行った旅行中の哺乳瓶消毒の方法について今度書きたいと思います!

哺乳瓶の消毒方法の選び方①煮沸消毒哺乳瓶の消毒方法の選び方②電子レンジも合わせてご覧ください!

 

広告