こんにちは!子育て真っ最中助産師のアダチホです!

出産準備品って沢山あって迷いますよねー(´;ω;`)ウッ…

店舗や雑誌に載っているリストってすごい量だし(;’∀’)本当にいるんかい?!と思ってしまいます(笑)

今日はベビーバス(沐浴槽)について考えます!

広告

沐浴をするわけ

沐浴とは、ベビーバスやたらいなどを準備して赤ちゃんをお風呂に入れることですよね!大人と一緒のお風呂には入らずに赤ちゃん専用のものを準備して行いましょうと指導されると思います。

そもそもなんで必要なの?!ということから。基本的には大人がお風呂に入る理由と大きく変わりありません。

  • 新生児は新陳代謝が盛んなため、汗をかきやすいのできれいにしてあげる必要がある
  • 全身の皮膚を観察できる機会となる
  • 沐浴することで血行がよくなり、発育を促すことができる
  • スキンシップの機会となる

そして、なぜ大人とお湯を分ける必要があるのか、赤ちゃんは細菌に弱いからと言われています。退院したときはおへそもまだついていたり、取れていてもまだ乾燥していない人がほとんどだと思います。

実はおへそから感染してじゅくじゅくしたりすることが多いんですよね( ノД`)シクシク…

しっかり乾燥するまでは、傷口のようなものなので、しっかりと消毒をしてあげてくださいね♪

また、話がずれてしまいました(;’∀’)と、いう理由から大人と一緒ではないお風呂に入る=沐浴するということが必要なんです!

沐浴の期間

基本的には1か月健診を終えるまでは沐浴です。一か月健診で問題なく順調といわれれば一緒にお風呂に入っても構わないと言われています。おへそが乾燥しきっていない場合は医師に相談してみてください!

ちなみに、銭湯などもっと多くの人が利用しているところへは3か月くらいからOKみたいです!

そうなんです!!ベビーバスを使うのは一か月健診まで。退院してからと考えると、実質3週間くらいです(;´・ω・)

使う期間が短いわりに場所もとりますよね…空気で膨らますものとかもありますけど…

ちなみに、私が買うなら使わなくなる時のことを考えてこれかな~と思っていました。コンパクトになるので!


ベビーバスの代用品

ズバリ!!洗面所です!!うちの洗面所は運よく大きかったので代用できました。もう病院に設置されている沐浴槽にしか見えません(笑)

沐浴の前にしっかりと洗面所を洗って、お湯をためて沐浴をしていました。

終わったら水栓を外せば終了~!

ベビーバスだとやるところによっては無理な体勢で腰が痛くなったり、水栓がないものだとお湯を捨てるのも結構大変ですよね、重いし(◎_◎;)

毎日洗っていたのでいつも洗面台はピカピカでした(*´▽`*)

洗面台は赤ちゃんのお風呂だけに使うものではないので、代用する場合は沐浴する前にきちんと洗ってから使用してくださいね!!!

そうでないと、「細菌感染しないように」と、お風呂を分けていれている意味がなくなってしまいますので(;’∀’)

私は、一般的なお風呂を洗う洗剤で洗っていました。バスマジックリン的なものです。娘は皮膚があれるなんてこともありませんでした。

振り返ってみて

夫は「本当に要らないの?」という感じで少し心配していたようですが、今となっては「ベビーバスって本当に使う期間短いんだね、買わなくて正解だわ。」と言っています!!

私も、働いているときにやっていたスタイルと似ていたので、無理なく沐浴することができました!

洗面所が大きい&お湯が出てよかったです(*´▽`*)!

ベビーバスを検討している人は参考にしてみてください~!!