こんにちは!子育て真っ最中の助産師アダチホです!

突然ですが、私の分娩所要時間=分娩にかかった時間は、13時間8分でした。

これは、超平均的です(初産婦なので)!

母子手帳にも分娩にかかった時間を記載するところがありますが、今日は意外と知らないかもしれない分娩にかかった時間の数え方を伝えたいと思います!

広告

 

 

分娩時間の開始はいつなのか

分娩時間の開始は「陣痛が10分以内で規則的に来たところから」とされています。

これは、このまま順調に進んでいった場合です!途中で弱くなったり、時間が15分空いてしまったりなどがあると、リセットされてもう一回10分以内で来たところから数え始めます。

 

なので、時間が経過してみないとわからない場合が多いです。

私も夜の7時から陣痛開始と数え始めましたが、時間が経過していくとともに陣痛が強くなっていったので「7時から10分以内で陣痛が来ていたから、7時から始まったということにしよう」と思えたのは9時くらいでした。

助産師の出産レポ(初産)①効かなかったジンクス 最後は赤ちゃんのタイミング

 

なので、これが寝る体制に入ったら寝れてしまった。だんだん時間が長引いて20分に一回しか来なくなってしまった。

などという場合は「あれは前駆陣痛だったんだ」とあとからわかるというかんじですね!

 

 

 

 

 

もっと時間かかったと思っているのに!のカラクリ

母子手帳に分娩所要時間を書く欄があると思いますが、自分が思っていたよりも短い!丸一日辛かったのに!!などということもあると思います。

本人からすると痛かったけど、10分以上空いてしまっている or 痛みの間隔が規則的ではなくバラバラだったという場合は、陣痛の開始と判断されずに数えていないんですよね(;´・ω・)

 

あとは、予定日を超えて分娩誘発のため入院したけど、産むまでに3日かかったのに、書かれている時間は6時間だったとか。

 

促進剤を使って頑張ったけど、出産には至らなかった。また明日頑張ろう。

というのが2日続いて、3日目に生まれたということなので、最初の2日はカウントされていないんですよね。促進剤をやめて陣痛が来なくなったら、いったんリセットされてしまいます。

 

促進剤を夕方からやめていたけど、夜中も含め3日間休みなく、10分以内で規則的に陣痛が来ていたという場合は、分娩所要時間として数えられるかもしれませんが、これは明らかに有効な陣痛が来ていないとわかるので、促進剤を使うなどの提案がされると思います。

 

誘発分娩 数日間かかったら?陣痛アプリはしない!夜は寝て過ごそう!

 

 

前駆陣痛だったんだ~と出産してからわかった

陣痛は今までに経験したことがない痛みなので、判断が難しいと思います。

自分的には痛いけど、スタッフからすれば前駆陣痛だよ。と判断されることもありますが、前駆陣痛と本陣痛は痛みの質が違うので、いざ出産してみると、2日前から痛い痛いと思っていたけど本当の陣痛はあんなもんじゃなかった。

あの時に寝ていればよかった~。などと話されている人を沢山見てきました(/・ω・)/

 

私も週末になれば今週末に産みたい!と、今考えれば前駆陣痛なのに、「今日はいつもよりも張っている!本陣痛につながるかもしないから今日はお酒飲まないで!」と夫に頼みました

それも38週くらいからです、実際に生れたのは40週4日でした(笑)。

夜中に強くなるかも!とちょっと夜更かしをするときもありましたが、これが良くないんですよね。

本陣痛来る前から寝不足、本陣痛来た時には体力不足となる可能性があるからです!

後半は、今のうちに寝とけー!と前駆陣痛のようなものが来ていても寝る体制をとって寝ていました。

 

前駆陣痛で寝不足は禁物!前駆陣痛の時のおすすめの3つ過ごし方。

助産師が思う、陣痛中に避けたほうがいい2つのこと

看護師仲間の出産体験!初産婦によくある前駆陣痛と体重増加の悩み

 

 

分娩の終わりは?

ちなみに、分娩が終わった時間は、胎盤が出た時間なんですよ~(*´▽`*)

ということなので、分娩所要時間とは、「陣痛が10分以内で規則的にきたところから、胎盤がでるまで」となるわけです!

出産を経験された方は、母子手帳を見返してみてみてくださいね~!

 




安産アロマ「バースサポート」

 




安産ハーブティーの「ラズベリーリーフティー」